天使のふわとろ焼き

ふわとろ焼き お好み焼き

天使のふわとろ焼きの中身は!

じっくり煮込んだ鶏ガラだしに中身はイカ・豚肉とメレンゲが入り、

ふわとろ食感!

オイスターソースが外のメレンゲと卵黄と鶏ガラだしにマッチング!

卵黄とメレンゲは熱を通しています。

このお好み焼きを考え出したきっかけ

ある日、私の頭の中で「メレンゲ。メレンゲ・・・」と聞こえてきました。

元々、生まれた家がお好み焼き屋。

祖父母と母親とで店をやっていました。

お好み焼きや焼きそばを焼く母親に背負われながら育った私は

お好み焼きと焼きそばの匂いを嗅ぎ過ぎて育ったせいか、

そんなにお好み焼きが好きではありませんでした。

二十歳過ぎには母親と二人でお好み焼き屋をやっていましたが

この時も母親が主体の店でその頃、引っ込み思案の私は

厨房でキャベツを切ったり、洗い物をしたりで店に出る事が好きではありませんでした。

そして、その店も15年程で閉める事になりました。

私が45歳になった時になんと行った事もないドッグカフェをオープン!!(^-^;

お好み焼き屋はやりたくないとずっと思っていました。

そんな私にある日「メレンゲ。メレンゲ・・・」と聞こえてきて・・・

なぜか、お好み焼きだなあと思ったんですよね。。

お好み焼きにメレンゲを載せる?・・・分からない(>_<)

でもどんどんイメージは湧いてきて、

「普通のお好み焼きではない、ケーキみたいなインスタ映えするお好み焼きを作ってみたい!!

お好み焼きの元々の味付けは祖父が考え出した味!

お好み焼きの味はおいしいという自信はありました。

小麦粉に少量の塩、タンサン、じっくり煮込んだ鶏ガラだしを入れて、イカ・豚・黄身・少量のメレンゲを入れて焼きました。

そして、焼けたお好み焼きの真ん中に黄身を置いて、軽く蒸らし、お皿に盛って

メレンゲを黄身の周りにトッピングして行きます。

そして、レンジでチンして、出来上がり!!

淡白なメレンゲにオイスターソースがよく合います。

大好きな祖父の自慢のお好み焼きを形を変えて、また皆さんに食べてもらいたいと思います。